サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20代で身につけたい質問力(後半)

20代で身につけたい 質問力20代で身につけたい 質問力
著者:清宮普美代
発行所:中経出版
発売日:2011年7月6日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

自由な発想を生み出す
 質問による「思考のスイッチ」は、問題解決にも役立ちます。私たちは、質問によって物事を深く考えることができるようになります。質問をどんどん繋げていくことによって、解決の糸口を見つけることができるようになるのです。

 問題解決の情報は、何もネットや書籍からしか集められないものではありません。

 人に聞くということで得られる有益な情報もたくさんあるのです。

 では、どのように質問するとよいのでしょうか?質問するときに気をつけなければならないことは、自由に答えることができるオープン質問をするということです。これにより自由な発想を得ることができます。

 これとは別に、クローズ質問というものがあるのですが、これは「はい」や「いいえ」で答えられる質問のことで、これだけでは自由な発想を生み出すことはできません。

 オープン質問とは、「なぜ」「どのように」「どうすれば」という言葉から始める質問のことをいい、そこから話を広げていくのです。

私が難しいと思うところ
 本書で難しいと思ったところは、質問と意見の違いを見極められるようにならなければならないというところです。

 このように書くと、質問と意見ではぜんぜん違うように思えますが、私たちは、この違いをうまく理解しないまま、質問をしているつもりで、意見をいっているということが多くおきているのです。

 では、意見とはどういうものでしょうか?意見とは、立場の上の人が使うほど、押し付けになりますし、聞く側の自律性を育てることができなくなります。それに、言われたことをしなければならないということは、モチベーションが下がる原因の1つでもあります。

 もちろん意見をいうことは大事なことですが、意見だけでは、相手の発想を生み出すことはできません。

 この質問と意見の違いを理解することは、本書にとって1番大事なことだと私は思います。その違いが理解できなければ、質問を使いこなすことは難しいのです。

 もう1つ、本書では、言われて嫌だった質問(力をそぐ質問)を書きだし、それを力を与える質問に書き換える作業を通じて、質問力を磨く練習をすることを薦めています。

 質問をうまく使いこなすことができれば、自分自身や相手にも大きな力を与えることができるのです。

Amazon.co.jp 20代で身につけたい 質問力

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。