サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣れてしまうということ(雑談)

「慣れ」ということの2つの面
 人は、どんなに恵まれた状況にあっても、時間が経つと慣れてきてしまい、ありがたみを感じなくなります。

 それと同じように、悲惨な状況であっても、時間が経てば、辛さが和らいできます。

 これには、良い面と悪い面があります。

 例えば、何か辛い思いをして、その時は何とかしようと一生懸命頑張ったことは誰でもあると思います。ですが、時間が経つと、その状況に慣れてきてしまい、現状は変わっていないのに、いまの現状に対する不満は、どんどん薄れてきてしまいます。

 失恋などが、これに当てはまるかもしれません。(もちろんすべてではありませんが)

 振られた直後は誰でも辛い思いをします。1人でいることを寂しく感じるようになるはずです。しかし、その状況に慣れてくると、1人でいることの寂しさは、あまり感じなくなります。それどころか、1人でいることの自由を喜びだすかもしれません。

 このときの良い面とは、いったい何でしょうか?それは、慣れが辛さを遠ざけてくれることです。

 では悪い面とは、何でしょう?現状に慣れてくるということは、1人でいることが平気になってきます。本当は彼氏・彼女をつくったほうがよいはずなのに、そこから脱出しようという気持ちが薄れていくのです。

脱出できなくなる
 慣れというものの怖ろしいところは、本来ならば抜け出さなければならない状況にいるはずなのに、それが普通であると思い込んでしまい、なかなか抜け出せなくなってしまうことです。

 慣れてくることにより、自分が止まっていることに気づかなくなるのです。

 これをビジネスに当てはめて考えてみます。

 ビジネスで陥りやすい罠の1つに、現状に慣れてしまうことがあります。

 現状に慣れてくると、周りの変化や、競合他社の動きなどが気にならなくなります。日々状況が悪化していても、慣れ切ってしまっているため、何のアクションも起こせないまま(現状にとどまったまま)でいることがよく起きます。

 例えば、ある時期に売上が下がり、対策を講じましたが、あまり成果がでませんでした。その状態が、長く続いてくると、その状態に慣れてくることになり、対策を練って売上を伸ばそうという姿勢が失われてくるのです。

 本来なら抜け出さなければならない状況にいるはずなのに、いまいる現状が当然だと思い始めてしまうのです。

 私のブログでいえば、読書ブログの流れが、単に本の感想や書評を書くことから別のことに変わろうとしていても、私は自分の現状に慣れきってしまっているので、他の人のブログが、どのように変化してきているのかを知ろうともしなければ、認めようともしないという状況が起きるのです。

比べることで現状を知る
 そこで、役にたつのが、「比べる」というものです。何かに行き詰った時や、現状に慣れてきているのではないかと思ったときには、他のものと比べてみるのです。

 そうすることで、いまいる現状が実はおかしなことに気づくことができるのです。比べることで、危機感を認識でき、現状を抜け出すキッカケになるのです。

 自分1人では、自分の状況を客観的に見ることは難しいですが、比べることで違いがはっきりし、状況を客観的に見ることができるようになります。

 もちろん「比べる」対象は、あなたよりも上にあるものでなければなりません。

最後に
 「比べる」ということは、時と場合によっては、正しくないときもありますが、「比べる」にも、たくさんの使い方があります。

 ビジネスの世界では、今いる現状を確認するために「比べる」ということは、有効な手段になります。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

「慣れ」を有効利用するのもありですね☆

私はタスクが溜まってくると、
時間の許す限り、作業を詰め込みます。

最初はしんどいのですが、
日を追うごとに、
だんだん「慣れ」てくるんですよね。

No title

ビジネス?で例えると
悪い<慣れ>が度を超すと、新規参入や新展開を嫌い
良い<慣れ>を巧みに使えば、新しいことに色々挑戦できる。
という理解で良いでしょうか。

なるほどなぁと感じました。


慣れの力はすごい

くうさん

くうさんの言うとおり「慣れ」てくるまでの過程は素晴らしい成果を生み出しますよね。

そして、次に大事なのが「慣れ」きってしまった後の対応です。
慣れてきたら、また次のレベルに進む。
そして、また慣れるまで頑張る。

この繰り返しなのでしょうね。

どっちの「慣れ」なのか

守男さん
はじめまして、コメントありがとうございます。

悪い慣れは、現状から脱出できなくなる原因の1つでもあるので、注意が必要ですね。

つねに自分自身の慣れが、どちらの慣れ(良いほうか悪いほうか)なのかを確認しておくことは大事なことかもしれませんね。

はじめまして

転職して、失敗ばかりだったんでとっても参考になりました。

ほんと、失敗するとどきどきして、より失敗という悪の連鎖に

はまってます・・誰かに認めてもらいたいと思う甘えた自分も

います。少しずつ成長してると信じて頑張りますe-281

自分を信じて

noelさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

私も失敗はよくしますよ。
大事なのは、その後どうするかですよね。

動揺と同じように、ミスを挽回してやろうと、気持ちが焦ると、大事なことを見逃してしまい、余計な失敗をしてしまいます。
ここでも、まず目の前の問題を解決してから、別の機会に挽回するという考え方をするほうが、よいのかもしれませんね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。