サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション(前半)

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則
著者:カーマイン・ガロ
発行所:日経BP社
発売日:2011月7月4日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


献本していただきました
 今回紹介させていただく書籍は、日経BP社の中川ヒロミさんから献本していただいた本です。中川ヒロミさん、ありがとうございます。

 「日経BP社」

この本が読みたくなる一言
 私もスティーブ・ジョブズのようになれるのか?

 さすがに、それは無理ですかね・・・。それでも、どのようにすれば、ジョブスのような考え方ができるのかを知ることはできます。

 アップルの躍進は、ジョブスの生み出すイノベーションにより成り立ってきました。

 ジョブスの生み出す製品、Mac・iPod・iProne・iPadなどのアイデアは、どれも革新的なアイデアです。この小文字の「i」を使うところもジョブスならではだと思いませんか?

 また、ジョブスは映画業界や音楽業界をも大きく変えてきました。

 本書は、そのジョブスの法則を明らかにしてくれるものなのです。

 「スティーブ・ジョブズならどうするだろうか?」ということを学び、参考にすることで、私たちの常識では思いつかない、新しい発想を得ることができるようになるのです。

 注意:本書は、ジョブスについて書かれている書籍のため、内容は、かなりジョブスよりになっています。

たくさんのイノベーションの例
 本書を読み進めていくと、ジョブスの強みが何なのかが理解できるようになります。

 それは、製品の改良ということだけではありません。最高の強みは、顧客が予想もしていないイノベーションを生み出すことにあるのではないかということです。

 アップル流・ジョブス流のイノベーションとは、まさに魔法といえるものばかりなのです。

 本書には、アップルやジョブスを参考にしたと思われる、他の分野でのイノベーションの例も、たくさん紹介されています。

スティーブ・ジョブズが基本とする7つの法則
 1、大好きなことをする
 2、宇宙に衝撃を与える
 3、頭に活を入れる
 4、製品を売るな。夢を売れ。
 5、1000ものことにノーという
 6、めちゃくちゃすごい体験をつくる
 7、メッセージの名人になる

大好きなことをする
 日本人は特にそうかもしれませんが、大好きなことをして生活をすることに、ためらいを感じるところがあるかもしれません。

 しかし、ジョブスにそんなことをいうと、きっと怒られることになるでしょう。

 それだけ、ジョブスにとっては、自分の興味や関心に従って行動することが大事なことなのです。

 それは、情熱という言葉に置き換えることができます。自分の心に従わない行動から、情熱が生まれてくることはありません。

 この情熱こそが、なにものにも負けない強い気持ちを生み出すのです。

 情熱に従って行動するだけで成功できるわけがないという意見もあると思います。

 しかし、ジョブスや、他に成功している人たちの過去をふり返ってみると、自分の心に従って行動している人は、自然とうまくいっているのです。

 情熱を傾けて行ったことは、将来何らかの形で役に立つものです。過去をふり返ったときに、何のつながりもないと思われる出来事と出来事がつながり、いまいる道をつくりあげていることに気づくことになるのです。そう信じて進むことが大切なのです。

 本書を読んでいると、ジョブスも意味のない遠回りをして歩いてきたかのように思えるのですが、それらは、アイデアにつながり、イノベーションにつながっているのです。

突き進むエネルギー
 本書に何度も出てくるのですが、ジョブスは、情熱を大切にしなければならないといっています。

 情熱とは、忍耐力を生み、困難に立ち向かう力を生み出します。情熱があっても、すべて成功できるわけではないでしょうが、少なくとも失敗で終わることはありません。情熱からエネルギーが生まれ、修正して、また進むことができるのです。

 そして、毎日が素晴らしいと思えることが、素晴らしい仕事を生み、創造力を生み出す力になります。情熱なしでは、イノベーションは生み出せないのです。

 これほど、シンプルな秘訣はありませんね。

 では、ジョブスにとっての情熱とは何だったのでしょうか?

 それは「人々の暮らしをよくする」というものです。そこから生み出された製品が、Mac・iPod・iProne・iPadなのです。

 この情熱こそが、ジョブスのイノベーションの原点になっているのです。

 私たちが、ジョブスのようなイノベーションを生み出すためにも、情熱を傾けられるものを妥協しないで、探し続けなければなりません。

 本書には、このような言葉があります。「大好きなこと、どうしてもやりたいと思うことがみつかれば、ああもう1日、それができると太陽が昇るのが待ち遠しくなりますよ」と、こう思えるほど、私たちは大好きなことをしているでしょうか?

 記事が長くなりますので「宇宙に衝撃を与える」と「製品を売るな、夢を売れ」「顧客の声から新しいものはつくりだせない」「ジョブスの決断」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

「大好きなことをする」というのはとても大事なことだと思います。子供時代、テレビゲームやスポーツに没頭していたときは、どんどん上達していました。今でも、「教育」に興味を持ち始めてからは、新しい指導方法や特徴的な勉強教室の開催など、好きで情熱を傾けられたからこそ生まれたアイデアも多いように思います。
読書で気づいた男さんのおっしゃる通り、日本では好きなことをやって生活することにためらいがもたれることが多いですよね。それはとても残念なことだと思います。
好きなことをやる・没頭する・使命感(ジョブズの場合は「人々の暮らしをよくする」)が大切なんですね。

子供はすごい!

redjokerさん

私も好きなことをするということができずに悩むことがよくあります。
歳をとればとるほど、いまいる場所を守るためだったり、周りのことを考えてしまったりしてしまい、一歩が踏み出せないのです。

ですが、それらのことは、ほとんどが自分を正当化する言い訳だったりするのでしょうね。

1度しかない人生、出来る限り好きなことをしていきたいものです。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。