サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェア からビジネスを生みだす新戦略(第3部)

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略
著者:レイチェル・ボッツマン、ルー・ロジャース 他
発行所:NHK出版
発売日:2010年12月20日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事(第2部)の続きです。

シェアの形
 本書では、以下の3つの形を紹介しています。

プロダクト=サービス・システム
 まず1つ目は、プロダクト=サービス・システムというものです。

 これは、所有するよりも利用するという考え方です。レンタルやリースが当てはまります。

 例えば、工具の電動ドリルなどは、人生で使う回数などは数回しかありません。そんなモノを1家に1台持っておく必要はありません。それを、みんなでシェアできれば、置き場所に困ることもなければ、無駄もなくなります。

 この考え方を応用すれば、大工さんなどは、引退したあと、大工道具を格安で貸し出すサービスなども考えることができます。近所の方に無料で貸し出すだけでも、きっと喜んでもらえると思います。

再配分市場
 2つ目は、再分配市場というものです。簡単にいうと中古市場のようなものです。

 必要とされていない場所から必要とされている場所にモノを移すことをいいます。本書には、このような言葉が載っています。「世の中にいらないなんてものはない、使えるものが、ただ間違った場所にあるだけ」というものです。

 以前だったら、この再分配というものには、多くのコストがかかりました。なぜなら、もらってくれる相手を探すことが困難だったからです。

 ですが、いまでは、インターネットの発展により、相手を探し出すことのコストは、ほとんどかからなくなりました。クリックするだけで、地域を選ばず探し出すことができます。

 それだけでなく、モノをやりとりすることで、そこにコミュニケーションを生み出すキッカケにもなるのです。

 ただ、インターネットでモノのやりとりをするというのは、信用が大きな問題になります。それを解決するためのシステムも本書には載っています。それが評価システムというものなのですが、これにより取引で問題が起きることは、ほとんどないようなのです。

コラボ的ライフスタイル
 3つ目は、コラボ的ライフスタイルというものです。

 シェアするものは、何もモノでなければならないわけではありません。目に見えない時間や空間、技術やお金などの資産も共有できるのです。

 例えば、日本ではMagariというサービスがあります。これはオフィスなどで、使っていない時間帯を別の人に使ってもらうサービスです。それ以外にも、あなたがダンスを教えるかわりに、パソコンを教えてもらうなど、技術やスキルのシェアもあります。

 このように、シェアという考え方には、たくさんの可能性があるのではないでしょうか。そこには、希薄になりつつある人と人とのコミュニケーションまでもが、つくられるのです。これが「私」から「みんな」へのシフトなのです。

Amazon.co.jp シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

通りすがりです

相変わらず、NHK出版の本は地味ですけど、手堅い内容のある本を出しますね。magariが例に上がったところで少しクスリと来ました。興味を持ちたくなるような書き口(抜粋ですかね?)が素敵です。

どんどん通りすがってください(笑)

Medeskiさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

Magariの話は別のところで仕入れたのですが、資源の有効活用という考え方はよいですよね。
これで、お互いに利益が生まれれば、素晴らしいのですが、安全面の問題から、なかなか個人では難しいかもしれません。

シェアという考え方

前々から気になっていた本だったのですが、このブログでの紹介を見て、ぜひ読んでみようと思いました!

シェアという考え方で特に興味があるのは、知識や情報のシェア。インターネットの発達、さらにはブログやツイッターといった「一般の人々」(語弊を招いたらすいません)による情報発信の発達は、知識・情報のシェアという点で大きな意味があると思います。

今までは知識・情報を持つ人たちがビジネスやその他の場面で優位に立つということがあったと思いますが、今ではそういった知識や情報を囲い込むのではなく、みんなで共有することで、さらなる知識・情報へと発展していくと思います。

(この考え方は梅田望夫さんの『ウェブ進化論』に影響を受けました。)


ビジネスでも日常でも、共有するっていう考え方を受け入れていきたいと思います。

物質と心のエコロジー

こんにちは。

おもしろい本そうなですね。
シェア。たいへん興味深い考え方です。

たしかにレンタカーなどは、手間もかかるし、1日借りて数千円と料金も安くないため、「だったら買った方がいいか」という結論に流れてしまいますね。週末ごとに借りると、結局車のローンの金額くらいいっちゃいますから。

記事中にもあったように、物質の面からだけでなく、人と人のつながりという意味からも、「シェア」はこれからの時代には必要な考え方だと思います。

うん、読んでみたいと思いました。

情報の選別も重要になりますね

redjokerさん

このシェアという考え方、いろいろ応用ができそうで、おもしろそうなんですよ。

>知識や情報を囲い込むのではなく、みんなで共有することで、さらなる知識・情報へと発展していくと思います。
まさにその通りですね。情報を囲い込むやり方では、発展はできませんよね。

ただ、知識や情報のシェアが進めば進むほど「わからない」という言葉が通用しなくなるのが、恐ろしいです。
どんな物事でも、それに関する本や、情報は探せばいくらでも見つかるようになります。

いままでは「知らない」で済んだことが、これからは通用しなくなる。
そんな時代になっていくのでしょうね。

コメントありがとうございます

道下さん

>たしかにレンタカーなどは、手間もかかるし、1日借りて数千円と料金も安くないため、「だったら買った方がいいか」という結論に流れてしまいますね。週末ごとに借りると、結局車のローンの金額くらいいっちゃいますから。

そうなんですよ。シェアするものは、便利で安全、そして格安、その結果、環境にもよい。これぐらいが揃っていないと、なかなか普及が進まないように思えます。

レンタカーなどは、借りる場所と返す場所が別々になれば、もっと普及するのではないでしょうか。

本当は、近所の人と車の貸し借りができるような関係が理想なのかもしれませんがね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。