サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンダラ思考で夢は必ずかなう!

マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術
著者:松村寧雄
発行所:フォレスト出版
発売日:2006年10月19日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書は「目標を持つことに意味はない」という文章から始まります。

 もちろん私は目標を持つことが、どれほど大事なことなのかを実感しているので、この始まり方には疑問を感じました。

 しかし、本書では目標を決めて、その1点に向かうというやり方に問題があるといっているのです。

 1つの目標を設定し、それがうまくいけばよいのですが、うまくいかなければ、また違う目標をたて、それがうまくいかなければ、また違う目標をたてるという方法が間違っていると言っているのです。

 このやり方だと、目標を達成できないことが繰り返され、自分がまるでダメな人間のように感じてしまうのです。

 この思考法を変えることが目標を達成するためには必要になってくるのです。

 本書でいう、目標を達成するための思考法とは、1点に向かうのではなく、バランスよく目標を立てるということです。人生に関わる要素すべてに目標を立て、実践していくのです。

 これを、本書では、「9マス発想」=「マンダラ思考」と呼んでいます。

マンダラ思考
 マンダラ思考では、9つのマスを使います。中心にあなた自身を位置づけ、その周りの8つのマスに目標を書き込んでいくのです。

 本書では、このマンダラ思考を使って、最初に「人生計画」をたてるように書かれています。「健康・仕事・経済・家庭・社会・人格・学習・遊び」を8つのマスに配置して、そこに、どのようになりたいのかという目標を書き込んでいくのです。

1つの目標だけで、幸せは手に入らない
 このマンダラ思考のよいところは、つねに全体と部分との関係、バランスが理解できるところです。全体を見渡せることで、うまくいっているもの、いっていないものが理解でき、自己の管理にもつながります。

 幸せな人生を過ごすためには、どれか1つがうまくいけばよいというものではありません。ひとつの目標のみを考えていると、その目標を達成するために、何かを犠牲にしていても、それに気づかないことがよくおきるのです。

 それを防ぐためにも、目標はバランスよくたて、俯瞰できるようにしなければなりません。

 そして、この8つのマスに目標を埋めることで、自分がどうなりたいのかという姿が明確になり、具体的な行動に移しやすくなります。本書には、このマスを埋める目標の具体的な書き方も載っています。

あなたの計画を順につくっていく
 本書では、このマンダラ思考を使って、「人生計画」をたて、「ビジネス計画」「年間先行計画」「月間企画計画」「週間行動計画」「日間実践計画」と順に作成していきます。

 本書には、これらの「~計画」をどのようにしてつくるのかという方法も、ちゃんと載っています。ただ、私にはすこしわかりにくかったことが残念でした。

 これは私の個人的な感想ですが、本書は、全体的にわかりにくいところが多かったように思えます。特に第6章は、ほとんど理解できませんでした。

 ただ、本書を読んでよかったところは、目標をバランスよくたてるという、9マス発想という考え方を知ることができたことです。

Amazon.co.jp マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪
バランス良く目標を立てる…なかなか難しいですね。
これだけ細かくバランス良く目標計画を立てられたら、
第三者目線で冷静に見られるんでしょうね。

う~ん…1つ目標を立てて、がむしゃらにするタイプなので…
耳が痛いお話!

いいとこどり

ふわころ本舗さん

目標の立て方にも色々ありますよね。

集中と選択のように、1つのことに集中する方法。

本書のように、1つのことに集中した結果、他の大切なものを失わないようにするために、バランスよく目標を立てる方法。これは大切な人と幸せな生活を送るためにお金を儲けるという目標を立て、成功したときには大切な人を失っていたということがないようにですね。

もう1つは、無理に目標を立てずに、目の前のことや、新しいことにがむしゃらに挑戦していく方法。
これは、どこにチャンスが転がっているのかわからない状況で力を発揮しますね。

どれがよい方法なのかはわかりませんが、状況に合わせて使いこなしたいものですね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。