サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月100万円のキャッシュが残る「10の利益モデル」(後半)

月100万円のキャッシュが残る「10の利益モデル」 (DO BOOKS)月100万円のキャッシュが残る「10の利益モデル」
著者:丸山学
発行所:同文舘出版
発売日:2006年3月10日
Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

私の好きなモデル
 利益を生み出すためには、何も特別な商品を持っていなければならないわけではありません。

 もちろん商品はよいものでなければなりませんが、それとは別のところに価値をつくりだすことで、購入を促すことができるのです。

 それが、顧客といっしょに価値をつくりあげていくという方法です。

 私は、この利益モデルの考え方が好きです。

 以下は、本書にも載っているのですが、カメラ屋さんを舞台に、利益をつくりだす方法を探っていきたいと思います。

コミュニティーをつくる
 顧客といっしょに価値をつくりあげるとは、あなたが扱っている商品やサービスに対して、あなたが中心となってコミュニティーをつくりあげることから始めます。

 本書にも載っているのですが、あなたが中心となって、撮影会を開くのです。カメラ教室というのもありかもしれません。

 ケーキ屋さんが、営業時間後にケーキ教室を開くのと同じような感じです。

 このコミュニティーに参加してもらうことで、同じ趣味の人と、楽しい時間を過ごすことができるという、商品の価値とは違う、別の価値をつくりだすことができるのです。

 これは、新規顧客を導く入口にもなります。そこには、商品だけではなく、出会いという別の価値があるため、参加しやすくなります。

 現在では、ウェブの力も活用できます。写真を取る人に、取った場所や画像を投稿してもらい、それをコミュニティーで共有することができるようにすれば、コミュニティーはお店の周辺だけでなく、全国に広げることも可能になります。

顧客の購買理由は何でしょうか
 それでも、商品が売れなければ意味がないのではないかと思われるかもしれませんが、コミュニティーを主催している店の商品を買うリスクというのは、顧客からしたら低くなるとは思いませんか?

 コミュニティーに参加している人が使っているカメラを気に入れば、どこから買おうと思うでしょうか?次のレベルに進むための機材を買おうと思ったら、どこから買いますか?

 コミュニティーの大事なところは、初めから商品を売ることではないことです。

 まずは、先に顧客に価値を与えることが大事なのです。そうすれば、コミュニティーに参加している人たちにとって、お店は、信頼でき安心できる存在になっているのです。

 それにアフターサービスの心配もする必要はありません。まったく知らない店で買うことに比べると違いは一目了然です。

まだまだ別の価値をつくりだせる
 コミュニティーに人が集まれば集まるほど、また違う価値を持ち始めます。

 それは、外部からの提案が生まれてくるということです。

 撮影会や教室で、カメラ以外に必要になりそうなものは何でしょうか?

 郊外に写真を取りにいくのなら、ウォーキングシューズが必要になるかもしれません。遠方に行くのなら、宿泊施設や休憩できる施設も考えられるかもしれません。

 コミュニティーが大きくなるということは、それらとの「マッチングビジネス」も考えられるようになるということです。

 人が集まるところには、他の事業者も集まってきます。あなたは、その2つを結びつければよいのです。

あなた自身も価値にできる
 これは、いろいろな書籍に載っていることですが、あなたが働いている業界の「知識」や「ノウハウ」というものは、他の人にとっては、十分に価値のある情報になるというものです。

 カメラ屋の例でいえば、写真を取る技術やテクニック、撮影場所の情報などは、価値になる可能性があるのです。それらの情報は、顧客を引きつけるものになります。

 これらのことからも分かるように、利益を生み出すには、ただ商品を売ればよいというわけではないのです。

 価値を高めるために何か他の付加価値をつけるのか、原価を下げるのかを、商品を売る前によく考えなければならないのです。

本書の10の利益モデル
 1、フライングスタート型利益モデル
 2、小さなYahoo!をめざそう型利益モデル
 3、信頼貯蓄型利益モデル
 4、引力増大型利益モデル
 5、顧客継続成功利益モデル
 6、コピー型利益モデル
 7、安心快適型利益モデル
 8、顧客密着型利益モデル
 9、ブランド型利益モデル
 10、その他の利益モデル

Amazon.co.jp 月100万円のキャッシュが残る「10の利益モデル」 (DO BOOKS)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

こんにちは♪
あなた自身にも価値がある、というのが一番ずとんときますね。
一見関係ないように見えても、
その経験や知識は別のところで生かせる…
でも、そのためには多少我慢して経験を積む、すぐに辞めない、
というのが前提かな…

魅力に気づこう

ふわころ本舗さん

仕事や趣味でも、何年か続けていれば、それは他の人からみれば、十分な価値になりえるものです。

日本人は自分を過小評価しがちに思えますが、もっと自信を持ってよいのではないでしょうか。

そのためにも、何かに一生懸命なるということは必要なのでしょうが。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。