サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスマンのための「発見力」養成講座

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)ビジネスマンのための「発見力」養成講座
著者:小宮一慶
発行所:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2007年9月15日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 ビジネスや私生活で、人と同じものを見ているのに、人によって見えているものが違うということはよくあります。

 結果を出す人は、同じものを見ても、そこから何かを見ることができますし、結果を出せない人は、同じものを見ても、そこから何も見ることができません。

 見えない人には、何回見ても見えないことがあるのです。この違いは何なのでしょうか。
 
 どのようにすれば見えるようになるのでしょうか。

心に留めておきたいこと
 私たちは、常に目に入るものを見ているつもりですが、本当は何も見えていないのです。

 本当の意味での見えるということには、「関心」が大きく影響を与えています。

 これは私の話ですが、私はよく書店にいきます。同じ書店によく行くので、それほど自分の興味のある新しい本を見かけることはありません。
 
 しかし、ある分野に関心を持った後で書店に行くと、その分野の本を探していたわけでもないのに、目に飛び込んでくるようになります。
 
 今までも、その書店でその分野の本は見ていたはずですが、気づくことすらなかった本です。
 
 興味を持てば気づくのは当たり前なのかもしれませんが、これはすごいことなのです。

 言い換えれば、関心の輪を広げることができれば、それだけで、いままで見えていなかったものが、見えるようになるのですから。

内容紹介
 いままで見えていなかったものが、見えるようになることはできます。そこには方法論が存在するのです。

 それが、関心を持ってものを見るということです。

 同じものを見ていても、関心があって見るのと、漠然と見るのとでは、天と地ほどの差があります。

 関心のターゲットを絞ることにより、より見えやすくもなります。

 見えているつもりでいることが、一番要注意なのです。この状態でいると、自分が見えていないことに気づくこともできません。

 常に、見えていない部分があるのではないかと、意識することが大事になります。

 関心の輪を広げることも、訓練をすればできるようになります。
  • 新聞を興味がないところでも一通り読む。
  • 無理矢理興味を持つようにする。
  • 物事を深く考える癖を持つ。
  • いろいろなものに触れる。

 これらのことにより、関心の輪が広がれば、今まで見えていなかったものが見えるようになるのです。

Amazon.co.jp ビジネスマンのための「発見力」養成講座

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

そう言えば。

読書で気づいた男さんは、顔が広いですね!
いろんな方が、いらっしゃっているようで・・・。

それと、アクセスカウンターについてなんですが・・・。
二重カウントルールっていうのに、できるのですが・・・。
個人的にはお勧めです。

では、失礼します。

そんなことができるなんて!

アストライヤーさん
情報ありがとうございます。

二重カウントルールを調べてみましたが、
なかなかおいしいルールですね(ニヤケ顔)

よい情報ありがとうございます。
またいい情報があれば教えてくださいね。

アストライヤーさんのブログの横にでている
プレイヤーみたいな物もすごいですよね。

いえいえ。有難う御座います。

面白いルールですよね。
二重カウントルールにすると、数字がどんどん上がっていきますから、いいですよ。

音楽プレイヤーですか?他の人のブログを見ていいなぁ~っと思ったのでww。
でも、クレームがきたので自分で再生ボタンを押さないと聴けませんが・・・。

では、失礼します。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。