サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紹介だけで一生売れる技術(前半)

紹介だけで一生売れる技術紹介だけで一生売れる技術
著者:神尾えいじ
発行所:きこ書房
発売日:2011年9月29日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書は、見込み客探しに悩んでいるビジネスパーソンに試してもらいたい「応援団」という手法が紹介されている書籍です。勘がいい方は、これだけで何となく内容が予想できそうですね(笑)

 試すといっても、短期間で成果がでるものではないので、それなりの時間が必要になりますが、いまの見込み客探しに疑問を感じている方には、読む価値は十分あるのではないでしょうか。

 もちろん、この方法だけでうまくやろうとするのではなく、あくまでも1つの方法として考えてください。1つのことに依存したやり方をすると、あなたに合わなかったときに、立ち直るのに時間がかかることになります。

応援団って何?
 応援団の仕組みとは、あなたを応援してくれる人に、他の人を紹介してもらい、その人にも応援してもらえるようにすることにあります。

 そのため応援団は、あなたの商品を売り込むための見込み客ではありません。この言葉通り、あなたの仕事を応援してくれる人のことをいいます。

 応援団を作るうえで、最も大事なことは、応援団の方に商品を売り込もうとしないことです。

 では、誰に商品を売ればよいのか?ということになると思いますが、商品を購入してくれる方は、自然と応援団の中や、その人の紹介から生まれるため、売り込む必要はないのです。言いかえれば、応援団の方があなたに変わり、見込み客を探してきてくれるのです。

 その応援団作りの鍵を握るのが、本書にある「応援されるキャラクター作り」と「紹介をどんどんくれる応援団の作り方」なのです。

第2章 応援団作りでしてはいけないこと
 見込み客を集める方法の1つに、割引や紹介してくれた方に対してのサービスなどがあります。

 ですが、応援団は見込み客ではありませんので、応援団の方を募る際に、絶対に金銭(割引など)で釣ってはいけません。

 応援というものの1番大事なことは、この人を応援しようという「想い」で動いてもらうのであって「お金のため」に動いてもらうことではないのです。

 お金のために動く人は、本当の意味での応援団にはなりませんし、紹介の質が下がっていくことになります。

 それに、この方法では金銭でのお得感が切れると、すぐに離れてしまう人しか集まりません。

 だからといって、応援してくれる方に何もしなくてよいとわけではありません。応援をしてくれる方には、つねに別の方法で感謝を伝えていかなければならないのです。

 その方法も、本書には載っています。

 記事が長くなりますので「第3章 積極的にやるべきこと」「最初は少ない人数から始める」「忘れてはならない「お礼」」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp 紹介だけで一生売れる技術

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
この応援団の仕組みにすごく考えさせられます。
私もフリーで仕事をしているのですが、どうしても一人で出来ることっていうのは限られてきます。
周りの方々の応援のおかげでずいぶんと助かっています。

この本はかなり参考になりそうなので、是非ゲットしたいです!
今回もスバラシイ本の紹介ありがとうございます☆

応援は、本当にありがたいものですね

図書館男子さん

本書に書かれているような感じで、うまくいくことは正直難しいように思われますが、何か新しい方法を生み出すキッカケになる考え方を知ることはできるかもしれません。

私は本書を読んで、そこから得た知識を使い、少し違うやり方のアイデアが浮かびましたよ。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。