サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紹介だけで一生売れる技術(後半)

紹介だけで一生売れる技術紹介だけで一生売れる技術
著者:神尾えいじ
発行所:きこ書房
発売日:2011年9月29日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

第3章 積極的にやるべきこと
 応援団作りでは、商品の購入をお願いするのではなく、あなたを応援してもらうことをお願いするのですから、その仕事を選らんだ理由やあなたの人生の目的などを明確にしておかなければなりません。

 応援してくれる方は、あなたの扱う商品よりも、あなた自身に関心を持ち応援してくれるのです。このメッセージが弱いと応援してあげようという気持ちをもってもらうことができません。

 例えば、私のブログには、ブログの方針を書いた「ブログのミッション」というものがありますが、これも明確な思いを伝える1つの方法になります。(私のブログの応援もよろしくお願いします)

 応援をしてもらうには、ときには迷惑をかけるということも必要になります。

 これは、わがままをいうこととは違いますので、勘違いしてはいけないのですが、相手に迷惑をかけないようにしようとすればするほど、委縮してしまい、相手との距離が離れてしまうのです。

 応援団とのコミュニケーションは非常に大事なものです。信頼を勝ち得るためにも、ある程度の距離まで近づかなければなりません。そのためにも時には迷惑をかける覚悟もしておかなければならないのです。

 ただ、ここで大事なことは、迷惑をかけた10倍の恩返しをするという姿勢を忘れてはいけませんし、距離を近づけるといっても、相手の負担になる距離までいってはいけないのです。

 この微妙な距離感は、本書で確認していただきたいところです。

最初は少ない人数から始める
 応援団を作るときには、ピラミッド型をイメージして作りあげていきます。

 最初に応援団になっていただく人は、なるべく少ないほうがよいでしょう。なぜなら、応援団の方とのつながりが希薄になることが一番よくないからです。

 最初は少なく始めて、質の高い付き合いを目指さなければなりません。

 ここでも、見込み客を探すのではありませんので、商品を買ってくれそうな人を応援団に選ぶのではなく、長い付き合いになることを考えて、応援してほしい人を選ばなければならないのです。

 そこには、もう1つ理由があります。あなたにとって大切な人が応援団になってくれた場合、その人が紹介してくれた人というのは、当然大切な人の紹介なので、自然と大切に思うようになります。

 応援団とは、人脈の深堀になりますので、あなたが気持ちを傾け続けられる人を選ばなければならないのです。

 応援団の具体的な作り方も本書に載っています。

忘れてはならない「お礼」
 応援団の方に、誰かを紹介してもらったときは、必ず紹介してくれた人へのお礼を忘れてはなりません。

 紹介してもらった人が応援団になってくださったときにも、報告と感謝を伝えることは必ず忘れないようにしましょう。

 紹介してくれた方は、あなたと喜びを分かち合うことで、自分のことのように喜んでくださる方もいるのです。

 この体験が、今後の紹介にもつながるのです。

Amazon.co.jp 紹介だけで一生売れる技術

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。