サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下には数字で指示を出せ(後半)

〈NJセレクト〉部下には数字で指示を出せ 儲ける課長の会計力部下には数字で指示を出せ 儲ける課長の会計力
著者:望月実
発行所:日本実業出版社
発売日:2011年10月1日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

数字に強くなれれば楽しくなる
 もう1つおもしろいと思ったところは、数字を理解することで、企業の戦略、状態、ビジネスの課題、経営資源が有効活用されているのか、などが予測できるようになるというところです。

 貸借対照表などは会社の健康診断書などとよく言われたりもしています。

 例えば、企業のコスト構造(損益計算書)などを見ることで、その企業の戦略などが見えてきます。

 これは、企業の損益計算書の過去と現在の数字の割合を調べることで、現在の戦略をどのように進めているのかということが、理解できるようになるのです。(例えば、過去の売上原価の割合と現在の割合を比べることや、販管費の割合を比べることなどです)

 キャッシュフローなども、本書にでてくる5つのパターンを覚えることで、企業の現在の状況を知る、大きな手がかりになります。

 その他にも、変動費と固定費の割合を理解できれば、どのようなビジネス形態をしているのかもわかるようになります。

 私は、会計はまだまだ勉強不足のため、わからないことが多いのですが、数字に強い人は、その企業の財務諸表を見て、その企業の戦略や状態をある程度予測できるようになるそうです。

 特に損益計算書の「売上高」「売上原価」「販管費」「営業利益」などを他の企業や自社の過去の業績と比べることで、いろいろな仮説が思い浮かんでくるそうです。

 ただ、会計を理解する近道は、貸借対照表から学ぶことがよいようです。損益計算書はその1年の結果でしかありません。

 企業の中身を本当に理解しようとするのならば、やはり企業がこれまで培ってきたものがわかる貸借対照表が読めないといけないのです。それも、過去と比べることが大事になります。

 これらの財務諸表が読めるようになると、きっと数字を見ることが楽しくてしかたがなくなってくるのかもしれませんね。

 本書には、会社の予算の仕組みを理解し、予算がどのように作られていくのかというケーススタディも載っています。

 これを読んだだけで予算を作成できるようになれるわけではないでしょうが、仕組みを理解するには、わかりやすくてよいのではないでしょうか。

Amazon.co.jp 部下には数字で指示を出せ 儲ける課長の会計力

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。