サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス数字力を鍛える

ビジネス数字力を鍛える (グロービスの実感するMBA)
ビジネス数字力を鍛える

著者:グロービズ田久保善彦
発行所:ダイヤモンド社
発売日:2008年7月3日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 優れたビジネスパーソンになるためには、数字と論理は避けては通れないものです。

 数字を扱うと聞くだけで警戒してしまう人も多いと思いますが、ここでは、その数字に焦点をあて、数字を作る力・読む力を身につけ、数字力を高める7つのステップを踏むことにより、最終的に人に動いてもらうことができる数字をつくりだすことができるようになります。

心に留めておきたいこと
 ビジネスの現場においては、常にさまざまな状況に対して分析を進めていかなければなりません。

 よくあることなのですが、分析を始める前に、この分析で、どのような意思決定をしたいのかという、目的を明確にしないまま、データを集めてしまうことがよくあります。

 先にデータから集めてしまうと、結局あとになって目的が明確になっても、必要なデータが集まっていなかったり、集めたデータからでは、何が言いたいのかを見つけることができなかったりします。

 分析とはデータを集めることではないのです。

内容紹介
 ステップ1 分析の目的を押さえる

 ステップ2 仮説を持ってどんな情報が必要かを洗い出す
 常に目的に合ったデータとは何かという、仮説を立て、データを集めていかなければ、無駄なデータばかりを集めることになります。

 最初から完璧な仮説を立てる必要はないのです。いま考えられる仮説を検証しながら、データを集めていき、間違っていれば、また違う仮説を立てていけばよいのです。
 
 データ集めで重要なことに、データの出所・出典を確認することがあります。いまはインターネットで情報が簡単に手に入りますが、その分、どこからのデータなのかは注意が必要です。
 
 ステップ3 適切な情報を収集する

 ステップ4 分析の際にどんな前提を置くべきか確認する

 ステップ5 集めた情報を加工、計算する
 数字の分析に役に立つ2つのこと。
 
 「全体を1つの数字に集約して、全体像を見る」これには、平均値や加重平均がありますが、個別のデータが失われるということがあるので注意が必要です。
 
 「存在しているデータのすべて、または一部を活用して全体像をさまざまな方向から見る」これは、数字を時系列や散布図で表すことで、わかりやすくすることができます。
 
 ステップ6 目的につながる解釈をする
 数字のデータから、だれもが見て分かる事実ではなく、自分自身の解釈でよいので、それらのデータから何が言えるのかということを伝えることが大事になります。
 
 同じデータでも人の解釈の違いにより、分析結果は変わりますが、数字と論理の裏づけがあれば、問題はありません。
 
 ステップ7 加工結果や解釈をわかりやすく表現する
 自分自身の解釈を伝え、相手に動いてもらえなければ意味がありません。理解して終わり、共感してもらって終わりではいけないのです。
 
 ここでの伝え方の違いでも結果は変わってしまうので、適切なグラフや図を使い、わかりやすく伝えることが大事です。

ビジネス数字力を鍛える (グロービスの実感するMBA)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

複雑ですね・・・。

社会で生きていくための知恵みたいなものですか?www。

ずっと、気になっていたんですが、読書で気づいた男さんはどんなお仕事に勤めているんですか?
本関連のお仕事でしょうか?

プライバシーに関わることですねwww。
書きたくなかったら書かなくていいですwww。

では!

きっかけは

アストライヤーさんへ

私は本関係の仕事ではないですよ。
本を読むのは趣味というか、
かっこよくいうと、自分を高めるためですかね。

まぁ、きっかけは知り合いの人に本を薦めてもらったのが
きっかけですけどね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。