サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファシリテーション入門

ファシリテーション入門 (日経文庫)
ファシリテーション入門

著者:堀公俊
発行所:日本経済新聞出版社
発売日:2004年7月15日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 会社を運営していく上で「リーダーシップ」と「マネジメント」は欠かせない要素です。

 しかし、組織が大きくなるにつれ、このように優れた少数の人間だけで組織を率いていくことは難しくなってきています。
 
 ここで必要となる力がファシリテーションなのです。
 
 ファシリテーションとは、集団による問題解決や合意形成を円滑に導き、中立の立場でチームのプロセスを管理し、チームワークを引き出し、そのチームの成果が最大となるように支援することであります。

 その役割を担う人をファシリテーターと呼びます。

心に留めておきたいこと
 ファシリテーターは最初に目的と目標をチームで共有化しておくことが大切になります。
 
 これを最初にしておかないと、個人個人の議論がずれたまま進み、あとになればなるほど、溝が深くなり修復するのに時間がかかります。

 ファシリテーターは活動の方向性や内容はチームに任せ、そこに至るプロセスのみを管理します。

 自分の個人的な意見は言ってはいけませんし、発言の自由を奪うようなことをしてもいけません。あくまでもチームを導くことに専念しなければならないのです。

 このことにより、成果に対する主体性をチームに与えることができますし、中立的な立場で活動を支援することで、客観的で納得度の高い成果を引き出します。

 個人の力ではなく、チームの関係性の力で組織を率いていかなければならないのです。

内容紹介
 ファシリテーターには、4つのスキルが必要になります。

1、場をデザインするスキル
 チームの力が最大限に発揮できるように、プロセスをどのように進めていくのか、どのようなメンバーを集めるのかなどのスキルが必要になります。

2、対人関係のスキル
 チームのコミュニケーションをいかにつくり出せるかが重要になります。メンバーが自由に意見でき、多面的・創造的な考え方を引き出せるのか、自律的に議論が進むようにするスキルが必要になります。

3、構造化のスキル
 チームがお互いの意見を正しく伝え、議論するために、ファシリテーターには、チームの意見を論理的に説明でき、個々の意見を他のメンバーが同じ解釈をできるように働きかけるスキルが必要になります。

4、合意形成のスキル
 チームで意見をまとめるには、適切な手法を使い、チームの合意を得なければなりません。ここで大切なのは少数派の意見も大切にし、対立を超え、チームでつくりあげていくことを助けることができるスキルが必要になります。

Amazon.co.jp ファシリテーション入門 (日経文庫)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

んんん~。

やっぱり難しいですね!
良くこんなに、本が見つかりますね!流石です!
やっぱりまだ少し理解力が足りないのかも・・・。

話変わるのですが、今テスト期間なので、少しコメできないかもしれません。
そこのところ、よろしくです。

では。

小遣い稼ぎ

テストか~。なつかしいな。

アストライヤーさん
テストがんばってくださいね。

ちなみに私はテストでいい点を取ると、
おこずかいをもらっていました。

これがけっこうやる気になったものです。

そっ、そんな・・・。

そんなシステムが・・・。
僕は、そんなシステムあったら、1万年前から勉強してますwww。
僕も前回の英語は99点取りましたが(高得点なのは、英語だけ)
何も言われませんでした・・・。当然、お小遣いも。
得点はもしかしたら載せますwww。
そろそろ、勉強しないとヤバいですwww。
24日からです。前回は、ほとんど勉強しませんでしたwww。
今回は、別の教科にも力を入れていきたいと思います。
1週間前ぐらいから来れないと思いますので。

では。

99点!

アストライヤーさん
英語99点はすごいですね!

私は、そんな点数取ったことないですよ。
今回は、別の教科にも力をいれるということで、期待できますね。

これで私と同じお小遣い制になっていたら、
親はお金の払いすぎで泣いていたでしょうね。

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。