サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心をつかむ技術(前半)

心をつかむ技術心をつかむ技術
著者:カート・モーテンセン
発行所:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2005年6月20日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 あなたも周りからの支援や協力を手に入れたくありませんか?

 自分の力だけで、できることは限られています。ここで必要なのは人との関係を作り出す力です。

 この心をつかむ技術を身につければ「相手を説得する」「相手に影響を与える」「相手の協力を得る」ことができるようになります。

 成功には人の心をつかむ技術はかかせないものなのです。

 人の心をつかむ技術には、10の技術があります。今回は技術1~3の説明をしたいと思います。

ほめる(技術1)
 人は、ほめられることにより行動が変わることがあります。

 誰しもほめられたいという欲求をもっているのです。「他人に認められたい」「大切にされたい」「受け入れられたい」などです。

 ほめられることにより、これらの欲求が満たされ、ほめられた内容が正しいことを自分自身で証明するような行動をおこします。

 ほめてくれた人の言うことは素直に聞くこともできるようになります。

 ほめる力を活かすためには、毎日の習慣にすることです。誠実な気持ちで常に人をほめていれば、周りに影響を与えることができ、相手があなたのためにいろいろしてくれるようになるでしょう。

貸しをつくる(技術2)
 人は誰かに何かをしてもらったときに、そのお返しをしなければならないという心理が働きます。

 なぜなら、借りを返さないような人は軽蔑される、お返しをしない人は人情味にかけるなどというプレシャーを強く感じるからです。人は一刻も早く借りを返そうとするのです。

 貸しをつくっておけば、お願いがきいてもらいやすくなります。

 ここで重要なことは、お願いをする前に貸しをつくっておくことです。

 この貸しを上手につくることができれば、周りの人の協力を得ることも簡単にできるようになります。

 しかし、相手を利用して自分の利益を得るつもりで、貸しをつくるようなことはしてはいけません。そんなことをすれば、あなたの下心は見抜かれ、嫌がられるようになるでしょう。

出し惜しみをする(技術3)
 人はものや情報が出し惜しみされているのではないかと思いだすと、それらを知りたいという気持ちが大きくなります。

 いままで当たり前のように売っていた商品でさえ、明日からごく一部の人しか買えないということになれば、多くの人は、すぐに行動に移さなければという気持ちになり、なんとか、それが手に入るうちに手に入れようとします。

 このように出し惜しみの技術を応用すれば、人の心をつかみ興味を引きつけることができますし、購買意欲を高めることもできるようになります。

Amazon.co.jp 心をつかむ技術

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

拝見させてもらいました。
応援ポチポチ。

どうもです!

はじめまして!
テキトー男さん

またいつでも見に来てくださいね。

なるほど~。

試験期だけど、息抜きにwww。
社会に出てとても使える情報ですね!覚えておきます。
記憶力はよいのですが(自称)、無駄な事ばかり覚えてしまうのです・・・。何故でしょうか?
ですので、テストの点数が・・・。

では、失礼。

後半戦

アストライヤーさん

テスト期間まで、もう後半戦に突入ですかね。
たまに息抜きもしながら、勉強頑張ってくださいね。

意外と無駄だと思ってたことが、後々役に立つかもしれませんよ。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。