サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践編 夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ

著者:水野敬也
発行所:株式会社 飛鳥新社
発売日:2007年8月29日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


ガネーシャの課題に挑戦してみました
 挑戦した課題は次の三つです。
  • 一日何かをやめてみる
  • 自分が一番得意なことを人に聞く
  • 自分の苦手なことを人に聞く
一日何かをやめてみる
 まずはベタなことなのですが、仕事から帰ってきた後に、テレビをつけないことに挑戦してみました(もちろん見たいテレビは録画しましたけどね)

 一日まったくテレビを見ないと、案外時間があることに驚きました。

 普段はもっと時間があったらと思うのですが、逆に何をしていいのか、わからないぐらいでした。

 これを継続できれば、この空いた時間にいろいろなことができるかもしれません。

 本書に出てくる「何かを生み出すには何かをやめてみる」これは使えそうな課題です。テレビを見ないのは難しいでしょうが・・・

一日何かをやめてみるの応用
 思いきって好きなことをやめてみるというのはどうでしょうか?

 「何かを生み出すには何かをやめてみる」好きなことをやめてみることで、その空いた隙間に別のものが入ってくる。

 好きなことをやめることで、別の好きなことが自然と見つかるのではないでしょうか?もしかしたら、新しい自分を発見できるかもしれませんね。

自分が一番得意なことを人に聞く
 友人に聞いてみたところ「感覚でなんでもできること」と言われました。

 なんかちょっと恥ずかしい感じでしたが、自分では、そんなふうに考えたこともなかったので新鮮でした。

 この「感覚でなんでもできること」が、どのようなことに役に立つのかを考えることは、これからの自分の方向性を考えるためにも役に立つかもしれませんね。

 自分が人にどう見られているのかを聞くことは、ちょっと恥ずかしいことですが、新しい自分を発見するにはよいことであり、意外な力に気づくこともあるかもしれませんね。

 みなさんも試してみてください。

自分の苦手なことを人に聞く
 これも友人にきいてみたのですが「何事にも飽きやすいこと」と言われました。

 これは、ある程度予想通りの答えだったので、新しい発見にはなりませんでした。残念・・・(飽きやすいところは自覚があります)
 
 「短所と長所は表と裏の関係にある」と本書に書いているので、短所を支えている長所を考えてみたのですが、飽きやすいことを支える長所?なんでしょうか?飽きやすいということは、その分、いろいろなことにチャレンジしているということでしょうか?
 
 飽きやすいことで生まれる長所も考えてみなければいけませんね。

Amazon.co.jp 夢をかなえるゾウ

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

何かが犠牲にならなければいけない・・・。

変なタイトルですいませんwwwww。
もう、アクセス数が2000になってしまう・・・。早い・・・。
1日40人位入ってきているなんて・・・。凄い。
本の力は、凄い。

意外ですね!
テレビを見るなんて。
普段何を見ているのでしょうか?
僕はアニメですwww。

では、時間ないので。

私もこの本読みました。

私もこの本読みました。
実績していることは、
応募すること
夢を楽しく想像する
サービスとして夢を語るです。

コメントありがとうございます!

MDefさん

コメントありがとうございます。

「応募すること」
MDefさんは、何かに応募(挑戦)されているのですか、すばらしいですね。
この気持ちが、きっと新しい発見を生むのでしょうね。

「サービスとして夢を語る」
これもいい教えですよね。みんなが必要とし、喜んでもらえることを探す。
いったい自分に何ができるのかを考えさせられますよね。

僕も実践してます

僕がやってるのは、
・腹八分目
・靴を磨く
・会った人を笑わせる
・感謝する
かな。
会った人を笑わせることを、意識すると、
空気変わるかも、自分が過ごしやすくなりますね。
読書で気づいた男さんの読んでる本は僕もジャンルがかぶってるので、これからもまた見させていただきます。

コメントありがとうございます!

take4jpさん
コメントありがとうございます。

「ガネーシャの教え」を実践している人は、けっこういるんですね。

・腹八分目
これは自分自身をコントロールすることですよね。

昔ラジオか何かで聞いたのですが「自分自身を管理できないやつの言うことなんて信用できない」という言葉が記憶に残っています。

これはすこし大げさだと思いますが、人が何かを言うには、言う人自身がしっかりしていないと説得力がありませんもんね。

・会った人を笑わせる
こういう人がグループの中に一人はいてほしい存在です。

読みました!

僕がBlogを始めたばかりの頃に、読書で気づいた男さんのページで初めて読んだのがこの記事でした。

それから気になっていたのですが、ようやく読むことができました。
とてもよく出来ている本ですよね。

僕自身、大学から社会人の数年間の計10年間は関西に住んでいたので、大阪弁のガネーシャ、ごっつはまってもうたわ(笑)

ガネーシャの教え、今やってるのは
「決めたことを続けるための環境を作る」
「運が良いと口に出して言う」でしょうか。

テレビ見たかった

速読おやじさん
いつもコメントありがとうございます。

「夢をかなえるゾウ」テレビでもしてましたよね。私は見ていないのですが。

もっと早く、この本を読んでいれば、テレビも見たのに・・・。

関西弁のガネーシャ、きっと爆笑だったでしょうね(笑)
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。