サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話がとぎれない!話し方66のルール

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール
著者:野口敏
発行所:すばる舎
発売日:2009年7月27日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 会話が続けられないという悩みを抱えて、人と話すことが苦手になってきているという人は、年々増えてきているのではないでしょうか?

 会話は人間関係を築く上で大切なものです。会話にコンプレックスがあるという理由で、人との間に壁をつくっていては、人とのつながりという、なにものにもかえられない幸せを手にすることができなくなります。

 本書は、3つのステップ(聞く力・話す力・質問する力)を学ぶことで、あらゆる場面で対応できる力を身につけることができるようになります。

心に留めておきたいこと
 会話をはずませるためには「話す力」が必要になると考えてしまいますが、会話が苦手な人にとっては、まず一番に「聞く力」を身につけることが近道になります。

 相手の話をうまく引き出すことができれば、自然と会話ははずむのです。

 相手が話し始めたら、それは話を聞いてほしいという気持ちの現れです。

 相手が話をしている最中なのに、自分が何かいい話を思いついたからといって、相手の話をさえぎるようなことをしてはいけません。

 これでは、相手はあなたに話をするのをためらうようになってしまいます。

内容紹介
 相手の話にきちんと反応することも大事です。

 会話とは言葉のやりとりではなく、気持ちのやりとりなのです。どれだけ会話が続いたとしても、気持ちがこもっていなければ、相手に対して失礼です。
 
 何か問いかけられたときには、「はい」と返事をして終わるのではなく、そこに「自分の話」を付け加えることで、相手も次の質問がしやすくなります。

 話題の広げ方にもコツがあります。

 自分から話をするときは、自分の性格、人柄がわかるエピソードを付け加えて話します。その時、少し内面をオープンにすることで、ぐっと距離が縮まるでしょう。

 内面をオープンにするといっても、深い部分を話す必要はありません。日常のちょっとしたこと、笑えるダメな話などが共感を呼び、話が広がっていきます。

 質問をするときも、相手の性格、人柄がわかるようなエピソードを引き出せるような質問が効果的です。

 しかし、質問を投げかけるときは注意が必要です。質問は会話を誘導してしまうことがあります。

 相手が話をしたいと思っていることが、質問をされたことにより、ずれていくことがあるのです。そうなってしまっては、話し手は話をしたかったことができなくなってしまいます。

 質問をするときは、相手が自由に答えを出せる質問をしましょう。
 
 沈黙を恐れるあまり、あせって質問をするようなこともしてはいけません。沈黙は次の会話までの休憩時間を考え、自分にも相手にも考えをめぐらせる時間をつくるという考え方で十分なのです。

Amazon.co.jp 誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

私もこの本を読みました

確かに、売れている本だけあって内容は正論が書いてありますね。すぐに使える(?)フレーズがあるので読みやすいです。

しかし、私の場合はフレーズを自分に合う言葉に変換しないとなかなか使えません。

結局、ブログに書いて紹介したのにろくに実践できていません(笑)。話し方は奥が深くて難しいものですね。

応援ポチ!

反省の日々

読書ブログさん

私もなかなか実践できていないですね。

特に、人に話しかけられたとき、自分が何か作業をしていると、相手の眼を見ずに返事をしてしまうことがよくあるのですが、その後に、ダメだな~と、すぐ反省してしまいますね。

わかっていても、なかなか実践するのは難しいですね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。