サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳に悪い7つの習慣

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)
脳に悪い7つの習慣

著者:林成之
発行所:幻冬舎
発売日:2009年9月30日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 脳にとって「良い習慣」と「悪い習慣」があるのを知っていますか?
 
 あなたが普段、なにげなくしている行動が、脳にとって「悪い習慣」になっていることがあるのです。

 本書で紹介される「脳に悪い7つの習慣」を知り、それを止めることで、脳を鍛えることができるようになります。

 脳を鍛える特別なトレーニングなどは必要ないのです。ただ、あなたは脳のしくみを知り、悪い習慣を避ける方法を身につけるだけでよいのです。

 そうすることで、脳のパフォーマンスを最大限に発揮することができるようになるのです。

脳に悪い7つの習慣
  • 「興味がない」と物事を避けることが多い
  • 「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
  • 言われたことをコツコツやる
  • 常に効率を考えている
  • やりたくないのに、我慢して勉強する
  • スポーツや絵などの趣味がない
  • めったに人をほめない

内容紹介
 脳にとって良い習慣・悪い習慣を知るためには、脳の特性を理解しなければなりません。

 脳には、もともと「知りたい」という本能があります。同じものを学ぶにも興味をもって知りたいと思い学ぶことと、ただなんとなく学ぶことでは、脳の力の働き方が全然違うのです。
 
 そして、脳はその人の感情により、パフォーマンスが大きく左右されます。

 マイナスの感情をもって行動を起こそうとすると、脳は力を発揮することができなくなります。反対にプラスの感情をもつことで、脳の力を最大限に発揮することができるようになります。

 本書では、いくつか例が上がられています。

 「先生や上司を好きになる(プラスの感情)」教えてもらっていることも好きになり、楽しく学習できるようになります。プラスの感情が理解力や記憶力などの脳の力を発揮させます。

 「子供の前で指導者の悪口を言わない(マイナスの感情)」親が指導者のことを嫌うと、子供も指導者のことを嫌いになり、脳の力は発揮されなくなり、何も身につかなくなります。

 「周囲の環境も影響する(マイナスの感情)」周囲が否定的な考えの人ばかりだと、あなたも影響を受け、脳は常にマイナスの感情をもち、力を発揮することができなくなります。

 このことからも、脳に必要な習慣とは、プラスの感情をもつことなのです。

 例えば次のようなものがあげられます。
  • 物事を好きになる(嫌いなことをいくらさせても身に付かない)
  • 前向きにチャレンジする(嫌々することは、脳にブレーキをかけているのと同じである)
  • おもしろそうだと興味をもつ(脳の知りたいという本能を利用する)
  • 笑顔をつくる(気持ちは常にプラスの感情にしておく)
 
 プラスの感情をもつことができるようになれば自然と脳の力を発揮することができるのです。

Amazon.co.jp 脳に悪い7つの習慣

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

当てはまった悪い習慣(泣)

読書で気づいた男さん、

こんにちは。
私も先日、これ読みました。

娘に「やりたくないのに、我慢して勉強する」のは悪い習慣らしいよ、と言ったら、我が意を得たとばかりに、「ほらぁ、じゃあ嫌いな勉強しなくていいってことね」だって。。。

違うだろぉーーー!

色々な本で言われていることですが、やはりプラスの感情を持つことは、全ての根幹になるような気がしますね。

娘さん、おそるべし

速読おやじさん
コメントありがとうございます。

娘さん、さすがですね・・・

そういわれると返す言葉がなくなってしまいますよね(笑)

はじめまして^^

「常に効率を考えている」のが脳に悪いとは意外ですね。
こういうジャンルの本は普段あまり読まないのですが、ためになりそうなので読んでみたくなりました。
レビューの書き方が分かりやすくて、とても参考になりました^^

こちらこそ、はじめまして!

舞子さん
コメントありがとうございます

「書き方が分かりやすい」と言ってもらえると、ものすごくうれしいです。

でも昨日書いた記事(レバレッジ時間術)では、効率を追求しなさいと書いていますし、本によって色々な考え方があるから、おもしろいですよね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。