サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3分間コーチ

ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術3分間コーチ
著者:伊藤守
発行所:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2008年3月15日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 会社とは、どのようなすばらしいヴィジョンや戦略を持っていても、それがうまく機能していかなければなりません。

 そして、それらを実現していくものが「人」なのです。

 人がいかに自発的に情熱を傾けることができるようになるかが、ヴィジョンや戦略の達成には欠かすことができません。

 それを可能にしようというものが、この「3分間コーチ」なのです。


3分間コーチとは
 上司や部下に負担がかからないように考えられたコミュニケーションの方法であり、コミュニケーションを通して、上司は会社のヴィジョンや戦略を部下に伝えることができるようになります。

 これにより組織と人の両方が成長していくのです。

 3分間コーチとは、2つの時間をつくることを最優先させたシンプルなマネジメント術です。
  • 部下について考える時間をとる
  • 部下と的を絞った短い会話をするための時間をとる

間違い
 みなさんは部下に「何かあったら声をかけてくれ」などと言ってはいませんか?

 このようなことをしていて部下から話しかけてくることがあるのでしょうか?

 部下に話してみたいと思わせる場をつくらなければ、部下から話しかけてくることなど、ほとんどありません。
 
 上司は部下を理解してあげ、表現できる場を提供しなければならないのです。

どのようにするのか
 3分間コーチの基本は、3分間でいいので部下のために時間をつくり、コミュニケーションをとることであります。

 最初は何を話せばいいのかわからないということもあり、難しく思われるかもしれませんが、まずは話す内容より時間をつくることを意識して実行していきます。

 気のきいたことを言おうとする必要はないのです。

 そして部下について考える時間をとりながら、部下の強みや弱み、今現在の状況などを観察していきます。
 
 1回の会話で多くのことを求める必要はありません。

 大事なのは場面と頻度です。部下がどんな場面で上司からのコーチングを必要としているのかを考え、そのつどコーチングしていくことが重要になります。

 そして3分間での短いコミュニケーションの後でも、部下は上司との話を自分の心の中で繰り返し、解決策を探しだそうとします。

 上司はそのための気づきを与えるだけでよいのです。

 そうすることで、部下の自律性も育てることができるようになります。

 しかし、部下が間違った道に進みそうになったときは、また3分間コーチをして、修正してあげればよいのです。

 そのためにも、常に部下の観察は怠ってはいけません。

Amazon.co.jp ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

奥がふかそうですね!

耳が痛いです

はい、僕も部下を持つ上司なのですが、
部下のために時間をわざわざ取るという事も、オフィシャルな人事フィードバック面接以外はあんまりやってないなあ。。。。と反省。

ま、僕の場合、部下という言い方より、チームメンバーという言い方をすることが多く、メンバーとは和気藹々ってな感じなので、コーチングを意識することは無かったのですが、

とはいえ、強み・弱みは人から言われないと分からないですし、お互いがお互いをコーチングするような感じで、メンバーとは接しなくてはと思いました。

とても参考になりました!

コメントありがとうございます!

みみ~さん
コメントありがとうございます。

コミュニケーションは難しいですよね。

人それぞれ色々な考え方があるので、なかなか理解しあうのは難しいですよね。

時間をつくるのが難しい

速読おやじさんへ

「チームメンバー」いいですね。

そういう言い方のほうが、お互い話しやすい関係になれそうな感じですね。

上司の人は、部下以上に責任のある仕事をこなさなければいけないのですから、なかなか周りに気を配るのは大変ですよね。

本来なら時間に余裕のある部下の方から歩みよってきてくれればいいのですが、こればっかりは・・・

これも上司の仕事ですかね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。