サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーカス・リーディング

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
著者:寺田昌嗣
発行所:PHP研究所
発売日:2008年8月18日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書は1冊の本を10分で片づけるために、速読の技術をマスターしようというものです。

 速読には何か特別な才能(右脳の力など)がいるように思われますが、本書にある速読の心・技・体を鍛えることで、特別な才能がなくても速読が可能になるのです。
  • 心:読書のあり方について考える
  • 技:体、眼、意識の使い方
  • 体:具体的な方法論 
 この速読を身につけるには、それなりのトレーニングと実践演習が必要になります。

 逆に言えば、練習さえ続けることができれば特別な才能は必要ないのです。

読書のあり方
 まず「心」の読書のあり方について考えてみましょう。

 読書とは、本を読むことが目的ではありません。

 読むことだけに満足をしていてはいけないのです(小説などは別です)

 読書を確かな成長につなげるためには、何のためにその本を読むのか、何を知りたくてその本を読むのか、という目的を明確にしてから、読み始めなければなりません。
 
 目的もなく読み進めてしまうと、ひっかかりが何もないまま読み終わり、読み終わった後の満足感はありますが、その本からは何も得ることができないでしょう。

普通の人には限界がある
 速読といっても、本を読む速さには限界があります。

 目的を明確にし、何を読まずに済ませることができるかを考え、その本から知りたいことを明確にし、必要なところ、求めているところ、いいところだけを読むようにしましょう。

 最初から最後まで読む必要はないのです。

体・眼・意識の使い方
 速読をできるようになるために鍛えるものが「技」にあたる、眼・意識・フォーカスの使い方です。

 これらは、速読の基本となるフォームをつくりあげるためには欠かせません。

 これらを鍛えることで、普通の読書スピードが1分当たりおよそ400~1200字なのに対して、初級として1分当たり2000字ぐらい、上級として4000字、達人として10000字を読むことも可能になるそうです(私の感想では、初級のスピードで十分だと思いますが)

視点のコントロール
 眼を鍛えるためには、視点のコントロールができるようになることが欠かせません。

 今までの文字を1文字ずつ見ている感覚から、行を流れていくような感覚で見ることにかえていかなければなりません。

 ここで大切なのが視点・視野の流れになるのです。ここでは、これを徹底的に鍛えていきます。

意識のコントロール
 意識の強さをコントロールすることも大切です。本を読む意識には3つのものがあります。
  • 読む:意識で明確にとらえる
  • わかる:意識のフィルターを通す感じ
  • 感じる:探している単語やキーワード、フレーズに気づく
 この意識を使い分けることで、本を読んでいきます。

 しっかり理解したいところは「読む」という意識で見ます。この時はゆっくり読みます。

 ここは流してもよいというところは「感じる」意識で見ていきます。この時の眼の動きは、行を流れていくような感じで見ていきます。

 このように、意識の強さにより、眼の視点・視野の流れをコントロールすることで、スピードを使い分けます。

 本の内容により、この読み方をかえていくのです。重要な部分とそうでない部分に同じ時間をかけることはおかしなことなのです。

Amazon.co.jp フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。