サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラッカーの教えどおり、経営してきました

ドラッカーの教えどおり、経営してきましたドラッカーの教えどおり、経営してきました
著者:酒巻久
発行所:朝日新聞出版
発売日:2011年2月28日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


響きがよい
 「ドラッカー」いいですよね。関連書籍でも勉強になることばかりです。

 実は少し前、不純な動機で 「ドラッカー学会」 の会員になろうかと考えたことがあります。もちろん名前の響きがかっこいいからという理由で・・・。もちろん思いとどまりましたよ(笑)

 会員になるには、難しい資格や条件はないようなのですが、難しいでなければ、いったい何があるのでしょうか?

この本が読みたくなる一言
 本書は、そのドラッカーの思想を実際の仕事の中で、どのように生かし、経営の中で実践してきたのかが記されています。

 本書の著者である、キヤノン電子社長、酒巻久さんは、タイトルにある「ドラッカーの教えどおり、経営してきました」により、社長就任以来、売上高経常利益率を1%台から10%台に押し上げたのです。

 売上高経常利益率が上がるということは、同じ売上でも、利益は多く残るということです。

 この売上が伸びない不景気の中で、どのように利益を残していくのでしょうか?そこには、どのようなドラッカーの教えがあるのでしょうか?その他にも、ドラッカーの「マネジメント」「イノベーション」についての考え方が記されています。

利益の出し方
 経常利益率10%台を実現するために、最初に取り組むべきものが「ムダをなくすこと」であると著者はいっています。

 徹底的にムダをあぶり出し、ムダを改善することで、どのような会社も経常利益率10%は達成できるのです。これを「会社のアカスリ」と呼んでいるのですが、このムダをなくしていく作業が難しいのです。

 ムダをなくすことについて、ドラッカーはこういっています。「成果をあげるための秘訣を1つだけ挙げるならば、それは集中である」と。

 この言葉が表すように、集中するために、生産的でないもの時代に合わなくなったものは捨てなければなりません。

 ここで重要になるのが、捨てる順番なのです。これを間違えるとかえって逆効果になります。

 本書には、そのムダを効果的に削減する方法を、実際にキヤノン電子であった話で、わかりやすく説明されています。

 本書に載っているムダなもの
  • 時代に合わなくなった古いものを捨てていく
  • 時間のムダを捨てる
  • 社員の働き方の意識を変える

マネジメント
 ドラッカーが重要視していたマネジメントの本質に「目的は管理ではなく、個々人の能力を引き出すこと」というものがあります。

 もう一度いいますが、マネジメントとは社員を管理することではありません。マネジメントの目的は、あくまで仕事の成果を上げることです。

 そのためにも、マネジャーには、自分やその他の人の強いや弱みを把握しておく必要があります。そして、つねに社員の強みを生かし会社に貢献できるようにしなければならないのです。

 本書には、鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの墓碑銘に刻まれた言葉も載っています。「おのれよりも優れた者に働いてもらう方法を知る男、ここに眠る」この言葉ほど、ドラッカーのマネジメントをうまく言い表している言葉はないと思います。

 その他にも本書には、ドラッカーがどのようにマネジメントを考えていたのかが、たくさん載っています。

Amazon.co.jp ドラッカーの教えどおり、経営してきました

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

実践編 経営の見える化

経営の見える化経営の見える化
著者:小山昇
発行所:中経出版
発売日:2009年9月22日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


マニュアルの見える化
 本書にある「マニュアルづくりを社員に行わせる」 これを自分の仕事で実践するため、マニュアルづくりについて考えてみたいと思います。

 マニュアルといっても文章などでしっかり書こうとすると、ハードルが高くなってしまいますので、まずは箇条書きで十分ではないでしょうか。

 最初に、大雑把でもよいので、作業の流れを箇条書きにしていきます。例えば、商品を販売する営業マンの場合 ①打合せ ②資料提出 ③チェックバック ④提案 ⑤納品 

 これは一つの例えですので、職種によってはいろいろあると思いますが、今回はこれで考えてみたいと思います。

どんどん書き足していく
 次は、この大雑把な仕事の流れを細分化していきます。

 例えば「①打合せ」の場合、あなたが打合せにいったときのことを頭の中で再現していきます。そのときに「このようなことを言われた」「事前にこの準備をしておけばよかった」ということがなかったか、思いだします。

 それをマニュアルの箇条書きにどんどん書き加えていくのです。

 それと「⑤納品」するときに納期が間に合わないというトラブルを経験したときなどは、打合せの段階で、相手側のだいたいの納期確認と自社の納期確認を打合せの時点でしておく。このようなことも打合せのところに書き加えていきます。

 「①打合せ」のマニュアルを考えるときでも「⑤納品」のときに気づいたことなどがあれば、先に手を打っておくことも考えなければなりません。

 このときも、なるべく作業ごとに個別に考えるのではなく、全体的に考えることが必要です。

 このように、仕事の流れを一つ一つ鮮明に思い出し、先に手を打っておけるものはないか?あのときこうしておけば、失敗をもっと小さくできたのに、ということがないかを探しだします。それを各工程のマニュアルに加えていくのです。

 この考え方は「④提案」のところでも生きてきます。いままでの経験をマニュアルにしておくことで、相手からの質問などに事前に答える準備ができるようになるのです。

マニュアルを持ち歩く
 これら思いついたことは、必ず紙などに書いて記録するようにしておかなければなりません。何か新しいことに気づくたびに、すぐに、この「すぐに」が大事です、マニュアルに書き込んでいく、そうしなければすぐに忘れてしまいます。

 そのためにも、マニュアルのコピーをつねに持ち歩くこともいいかもしれません。

 今回のマニュアルづくりは、ここで終了ですが、みなさんも自分の仕事のマニュアルづくりを始めてみてはどうでしょうか。

Amazon.co.jp 経営の見える化

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

経営の見える化

経営の見える化経営の見える化
著者:小山昇
発行所:中経出版
発売日:2009年9月22日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書の著者である小山昇さんが代表取締役社長を務める会社「株式会社 武蔵野」では、経営方針・部門ごとの利益・人事評価・社長のスケジュールなど、すべてをオープンにして「見える化」しています。

 この「見える化」によって、業績を上げることができるようになったのです。

 本書は、その「見える化」に取り組むための仕組みが収められています。

見える化って何?
 そもそも「見える化」とは、どのような考え方なのでしょうか。

 本書でいう「見える化」とは、物事を抽象的にとらえるのではなく、数字で基準を定め、評価できるようにすることだと私は感じました。

 どのようなことにも、結果につながった行動があるはずです。何となく行動し続けるのではなく、何を何回すれば効果があったのかということを検証してわかるようすることで、再現性を生み出すことができるようになるのです。

 人事評価もそうです。ただ頑張ったではなく、数字で目標を達成したというほうが評価しやすいですし、働く人にとっても、何をどうすればよいのかがわかりやすくなります。

 それでも結果がでなければ、それは会社の方向性と、目標の設定のしかたがまずいということになります。著者の小山昇さんは、会社の責任はすべて自分にあるという考え方をしています。なので、結果がでないのは自分の責任であるというように、本書を読んでいて感じることができました。

経営計画書
 武蔵野には、経営計画書というものがあるのですが、これには会社の現状が記されています。もちろんこれも数字で記されていて、現在の会社の状況、何ができるのかということが「見える化」されています。

 現在の状況を記しているのは、現在の状況がわからなければ、いったいこの先どこを目指していけばよいのかということがわからなくなるからです。

 どのような目標をたてるにしても、現在の状況と目標までの距離がわからないと、対策のうちようがありません。そのためにも、自社の現在の状況を知ることは大切なのです。

おもしろそうな取り組み
 武蔵野ではマニュアルづくりを社員に行わせています。

 詳しくは本書を読んでいただきたいのですが、誰かがある仕事をし、その仕事のマニュアルをつくります。そして人事異動により、別の人がその仕事を始めるようになったときに、そのマニュアルを参考にして仕事を始めます。

 新しい人は、そのマニュアルに変更を加えていきます。それを繰り返すことで、自然と現場にあったよいマニュアルができあがるのです。

 そもそもマニュアルとは現場も知らない職責上位の人が決めるべきではないのです。

 このように本書では各場面での「見える化」をどのように進めていけばよいのかが書かれているのです。

Amazon.co.jp 経営の見える化

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

集団感染マーケティング

1通のちょっと変わった手紙で、新規客が殺到する! 集団感染マーケティング1通のちょっと変わった手紙で、新規客が殺到する! 集団感染マーケティング
著者:杉村晶孝
発行所:ダイヤモンド社
発売日:2010年10月28日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 マーケティングにも、いろいろな方法がありますが、お金をかければ成功する、商品がよければ成功する、というほど簡単なものではありません。
 
 その反面、ちょっとした仕掛けを施すだけで、売上を上げることもできるようになるのです。
 
 本書では商品を効果的に伝える「売れる言葉」の選び方や、商品の見せ方、演出や集団心理を利用する方法が、豊富な事例で紹介されています。

 本書のタイトルである「集団感染マーケティング」とは、著者が個人向け金融商品を900億円超販売した、実践にもとづくノウハウであり、個々人ではなく、集団の中の個人にねらいをさだめたマーケティングになります。

 集団の中に内部協力者をつくりだすことで、そこから顧客を増やしていく方法なのです。

売れる商品とは
 私たちは、よく商品さえよければ売れるだろうという勘違いをしてしまいます。
 
 そして売れない原因を値段や需要のせいにしてしまうのです。

 いくらよい商品であっても、それを適切なメッセージでお客様に伝えられなければ、売れる商品にすることは難しいのです。

 では、言葉をかえるだけで、本当に売上が増えることがあるのでしょうか?
 
 本書では、商品の新しい切り口を見つけ、言葉をかえるだけで、売上を劇的にかえることができた例や、その売れる言葉の見つけかたの例が載っています。
 
 商品の見せかたと同じぐらい大切なことに、あなた自身をどのように見せるかというものがあります。

 あなた自身の自己演出のしかたによって商品の信頼性は高まります。

 誰でも、この人なら間違いないという人から商品を購入するものです。

新しいマーケティング
 本書のマーケティングは、いままでのものとは違い、集団の中にねらいを定め、そこから内部感染をさせていき、広げていくものです。

 個人と同じように、集団にもある特性というものがあります。その集団の中での人の心理をうまく利用することで、その情報が、まるで感染していくかのように広がっていくのです。

 私がおもしろいと思ったものは、「道路一時使用許可」を利用する方法です。

 詳しくは本書を読んでいただきたいのですが(まだ新刊のため、ここではふせておきます)この方法で、特定のターゲット層、競合相手の顧客を、大量に手に入れることができるようになるのです。

 この方法こそ、知識から生み出されたものではなく、実践の中から生み出された本物の方法なのではないでしょうか。

 もちろん、これらすべての方法の根底には、売れる言葉の使い方、商品の見せ方があってのものなので、いかに売れる言葉を見つけるのかが、大事になることを忘れてはいけません。

Amazon.co.jp 1通のちょっと変わった手紙で、新規客が殺到する! 集団感染マーケティング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

億万長者のビジネスプラン(後半)

億万長者のビジネスプラン―ちょっとした思いつきとシンプルな商品があればいい億万長者のビジネスプラン―ちょっとした思いつきとシンプルな商品があればいい
著者:ダン・S・ケネディ
発行所:ダイヤモンド社
発売日:2009年7月30日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

ビジネスをシステム化し大金を生みだす
 1つの事業を立ち上げ、それを誰にでもできるようにシステム化し、そのシステムを使ってもらって使用料を得る方法があります。

 これはフランチャイズ・ビジネスと言われているものですが、これをするためには、システムが単純でなければならないことと、どんな人でも理解できる説明ができなければ、なかなか広げることはできません。

 もう一つの考え方として、フランチャイズ企業に商品やサービスを提供する方法もあります。これは他社の流通を利用することができるため、自社のリスクを減らすことができます。

テレビショッピングの威力とは?
 テレビショッピングの力をあなどってはいけません。

 商品の選択さえ間違わなければ、チャンスはたくさん眠っているのです。

 テレビショッピングにおいて成功するか失敗するかの、大きな分かれ道は、著名人の推薦があるかどうかにかかっています。

 私たちは商品を選ぶときに企業から選ぶというよりも、人から選ぶ方が強いと言われています。

 著名人と契約を結び、その著名人に商品と深くかかわってもらい、推薦を得ることができれば、成功への近道となるのです。(例えば、友近さんがCMをしていたDHCプロテインダイエットなど)

信じられないほどの富をつくり出す「情報をお金に換える」方法
 情報をお金に換えて、富をつくり出す方法もあります。
 
 何も特別な情報である必要はありません。あなたにとって常識であることも、知らない人からすれば価値があるものもあるのです。
 
 それを小冊子や定期購読ができるセースルレターの形で、販売するのです。
 
 本書では、これを情報商品といっています。

 特定の人々が大きな関心を抱くものをつくることができれば、大きな利益を得ることができます。

 情報商品は、原価が安くすむ割には、情報の質により、値段を高くつけることも可能です。
 
 情報商品は、在庫を持つ必要がありません。注文があれば、オリジナルからコピーをして、発送するだけなのです。
 
 在庫を持つ分の資金をマーケティングにまわすことができます。
 
 同じ情報でも、異なった形式で販売することにより、さまざまな価格を用意できますし、少しかえた情報で、他の商品をつくり出すこともできるのです。

情報商品に対する私の意見
 今では、あらゆるものが低料金化や無料化の方向に進んでいます。

 これだけの情報が溢れていると、情報商品で収益を得ることは、もう難しくなっているのではないでしょうか。
 
 これからは、情報商品をあなたの商品の入口として無料化し、その情報に関連する別の商品を販売していくことを、模索していかなければならなくなってきているのではないでしょうか。

Amazon.co.jp 億万長者のビジネスプラン―ちょっとした思いつきとシンプルな商品があればいい

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。